« Podcastingなんでもお試し(1) | トップページ | Podcastingなんでもお試し(2) »

2005.07.29

JASRACの「iPod課金」

速やかに「iPod課金」を——音楽関係7団体が強く要望 (ITmedia)
iPod課金は継続審議 文化審、中間報告作成を断念 (朝日)
「iPodなどを私的録音補償金制度の対象に」JASRACなどの7団体が声明 (INTERNET Watch)

どうも解せない。

私的録音・録画補償金制度では誰も幸せになれない (ITmedia)

この3団体(※JASRAC、芸団協、レコード協会を指す)に分配されるお金の比率は、SARAHの取り分を除いた金額を100%とした数字なのである。まず「共通目的事業への支出」として、全体から 20%が差し引かれている。これは著作権および著作隣接権の保護に関する事業、および著作物の創作の振興と普及のために使われるそうなのだが、23億 3920万円の20%と言ったら、約4.7億円である。そんなにプロモーションしてるかなぁ。むしろオレのほうがよっぽど貢献してるんじゃねえかという気がするのだが、筆者がもらうのはいつもの原稿料だけである。

これだけの金額が振興と普及のために流れているにも関わらず、こんな話もある。

「私的録音録画補償金制度」の内容を知らない消費者が8割以上 (CNET Japan)


拡大解釈をしていくと、デジタル記録メディアには全て課金出来る事になってしまう。
いい商売だなぁ。
(しかしSDカード等の話は全然出てこないのね。そのヘンがJASRACっぽいというかなんというか天下りジジイ人相悪杉というか。)


JASRACのサイトには、

60年を超える実績と経験をベースにデジタル化・ネットワーク化時代の著作権管理のあり方を追求するとともに、そのルールづくりを担い、人々にとってかけがえのない音楽文化の普及・発展に尽くしてまいります。

とあるが、何かの冗談なんでしょうか。
「デジタル化・ネットワーク化」に全くついていけてないのでは。いや、「デジタル化・ネットワーク化」は音楽産業の敵、みたいな発想になってませんかね。むしろ逆の発想の方が普通なんじゃないかと思うんですが。
何でもかんでもタダにしろ!というつもりはないけど、音楽文化の発展をまず最優先し、納得のいく明瞭な内容で取り決めをして、それを広くユーザに知って貰う、それがJASRACがすべき事なのでは。
なんか言ってやってくださいよ、MAX松浦さん。


関連:
社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC
私的録音補償金管理協会 SARAH
「私的録音録画補償金の見直し」に対する意見について
JASRACを考える。
〜forever〜JASRACジャスラック
ジャズ喫茶スワン

ところでJASRAC管理の楽曲をお作りになっている日本のミュージシャンの方々からは、何か反応はないんでしょうか…。

|

« Podcastingなんでもお試し(1) | トップページ | Podcastingなんでもお試し(2) »

iPod」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/5209812

この記事へのトラックバック一覧です: JASRACの「iPod課金」:

» iPod課金は継続審議(文化審議会著作権分科会) [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「iPod課金は継続審議(文化審議会著作権分科会)」に関連するブログ記事から興味... [続きを読む]

受信: 2005.07.29 16:06

» 「iPodなどを私的録音補償金制度の対象に」JASRACなどの7団体が声明 [Trivial Days]
まぁ色々書こうと思ったんですけど、友人のY嬢の blog にきちんとまとめてられていて、言いたいことも言ってるので、それを参照ということで以下ry デジタル放送のコピーワンスも同 [続きを読む]

受信: 2005.07.29 18:09

« Podcastingなんでもお試し(1) | トップページ | Podcastingなんでもお試し(2) »