« Tracktion2のデモ版 | トップページ | Last.fm Player 1.0.5 for Mac OS X »

2005.09.20

純正Player以外でLast.fmを聴く

いろんな意味でブチ切れのLast.fm Player。
アンオフィシャルなツールの話題がフォーラムで取り上げられていたので試してみました。

Konfabulator - Gallery - Last Widget on Earth
 ※Konfabulatorが必要。このWidget自体はMacのみに対応。

これ、Last.fmのリニューアル前からあるようなのですが、現在のシステムになっても一応使えます。
利点は、
● 再生にiTunesを使用
● LOVE・BAN・SKIPボタン搭載
● なんといってもCPU激重状態から解放される
● OS X 10.2以上のユーザでもRadioを聴けるようになる。
(Konfabulator自体は10.2 から動作するので。現在公開されているLast.fm Playerは10.3.9以上対応)

多少問題点もあって、
● Stationは自アカウントのProfile Radio固定らしい(他ユーザのRadioやTagは選べない)
 追記:どうやら現行システムでいうところのNeighbours Radio 固定みたいです。
● ジャケット画像が毎回ロードされない(どうやら初回のみしかロードされない模様)
● 再生ストップがWidget側では出来ない(iTunes側でストップするしかない)

自分も試しに使ってみましたが、快適です。あのCPU占有率から解放されるだけも有り難いってなもんです。
音が途切れる現象は、回線やサーバの状態にも依存するところがあるかと思いますが、iTunesで再生するのでバッファを「大」に設定する事で多少回避…出来ているかどうか微妙だけど、マシになった気がします。


もう一つ。
LastFMProxy
LastFMProxy Group Page - Last.fm

リニューアル前と同じように任意に選択したプレイヤーでRadioを聴く為のツールです。こっちだとPythonがあればOKみたいなので、OSの種類やバージョンの制約が少ないと思われます。現行システムになってから制作したようなので、Tag Radioなど各種機能も網羅しているようです。
readmeを読んだだけでまだ試していません。動かしてみてからまた感想など書いてみようと思います。


しかし、ソースを公開してるから当然の流れなんでしょうけど、ハックしてこういうツールを作る人が出てきて、それが本家のものより使えるってのもどうなんでしょうかね。
それ以前にm3u廃止に踏み切った意味が全くないような気が…。

|

« Tracktion2のデモ版 | トップページ | Last.fm Player 1.0.5 for Mac OS X »

Last.fm」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/6030669

この記事へのトラックバック一覧です: 純正Player以外でLast.fmを聴く:

« Tracktion2のデモ版 | トップページ | Last.fm Player 1.0.5 for Mac OS X »