« 各国のiTMSチャートをウェブで比較 | トップページ | iPodなのー>< »

2005.09.06

Radioを聴ける環境にしてみた

Mac OS 10.3.9 以上でないと現在のLast.fm Playerが動かないし、10.2.8以上で対応のPlayerはアップすると言ったまま放置状態…。
てなわけで、パッケージ購入して放置してたので、いい機会だと思い10.4を入れてみました。

OS 10.4、G4 1.25GHz、メモリ1.5GBで現在アップされているLast.fm player 1.0.1を動かしてみての感想。

重い。重いよ…。
ブラウザ(Camino)、iTunes、テキストエディタ(mi)を同時に立ち上げて、エディタで書き物をしてたんだけど、文字表示が若干遅れる。
CPU使用率は22〜38%くらい。うはwwww
追記:再度確認したら60%超えてた。ポインタの動きがガクガクになったヨ。

それと、混雑具合によるんだろうけど、音が途切れる事がある。(ウチはSubscriberですけど、それでもリスニングユーザー300超あたりから、かなり厳しくなってる気がする。「Refresh」で多少回避出来るという話もあるみたいだけど。)
各種ボタンの反応は基本的に遅い。ボリュームのスライダーとか一瞬効いてないのかと思ったよ…。
あと気のせいか以前のm3u仕様の時より音が悪くなってる気もするんだけど。気のせいじゃないよな…うーん。

TBでG3にTigerインスコは厳しいよ、という話もあったので、試しにウチのG3 B&Wにもインスコしてみるかな。
G3でTigerが厳しいかどうかというより、Playerの動作がどのくらい厳しいかが見てみたい。


で久々にG3立ち上げてみたらOS 8が入ってた…orz

|

« 各国のiTMSチャートをウェブで比較 | トップページ | iPodなのー>< »

Last.fm」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/5819336

この記事へのトラックバック一覧です: Radioを聴ける環境にしてみた:

« 各国のiTMSチャートをウェブで比較 | トップページ | iPodなのー>< »