« iPodのゲーム「Lost」をクリアしたので感想など | トップページ | 結婚式で流したいBGM »

2007.06.09

Parallels Desktop 3.0にアップデートしてみた

Build 4124をダウンロードしてインストール、事前に購入しておいたアクティベーションキーを入力してアップデート完了。で、早速あれこれ確認してるところです。

Parallels
#本家。3.0のダウンロードはこちらから。

The Official Parallels Virtualization Blog
#Parallelsの公式ブログ。小ネタも拾えます。

TechCrunch Japanese アーカイブ » Parallels 3.0~Macを買う理由がまた一つ

フォトレポート:絵で見る「Parallels Desktop version 3.0」 - CNET Japan
#スクリーンショットをいろいろ見たい人向け

Parallels、Mac用仮想ソフト「Parallels Desktop」をアップデート - CNET Japan

今回のアップデートで何が変わったか、をザッとまとめておくと、

【SmartSelect】

Win・Macのどちら側にあるファイルでもOS関係なく任意のアプリで開けるようになりました。
つまり、ファイルの関連付けがMac OSとParallels上で動いているOS、相互に可能に。
ftpやURLリンクの処理も相互に設定可能。


※こんなカンジでMac OS上からWindowsのアプリを関連付ける事が可能。
Windows Media PlayerのアイコンにParallelsの黄色いアイコンが重なって表示されています。

【SnapShots】

Parallels上で作成したハードディスクの状態を保存しておける機能。
トラブル発生時に保存時の状態まで巻き戻せたりします。

【OpenGL・DirectX対応】

Configuration EditorのVideo設定のところで「Enable DirectX Support」をオンにしないと動かないので注意。(2.5からアップデートした直後の設定は、オフがデフォルトのようです。)


で感想など。
「DirectX対応」が一番の目玉?と思っていたんですが、実際触ると「SmartSelect」が地味にスゴイ。コヒーレンスモードとあわせて更にシームレス。(とはいってもショートカット含めてキーボード操作の関係もあって、完全にシームレスな気分が味わえるわけではないんだけれども。)

それと付属ツールの「Parallels Explorer」が便利すぎ。
ParallelsでOSを起動しなくても、HD(Virtual Disk / Machine)の中身をエディットしたりファイル管理したり出来ます。Virtual Discに保存したデータをちょっとMac側のアプリで開きたいんだけど…なんていう時に便利です。

自分はParallelsのXP環境はほとんど仕事用にしか使ってないので、あまり興味はなかったんですが、「ゲームもいろいろ動くぞ!」的な期待が高まっているようなので、一応FFのベンチマークテストをやってみました。
結果は…まあ動くだろうけど、快適にプレイできるかどうかは微妙かな、という結果でした。
まあParallels自体云々というより、マシンスペックどうなのよ?っていうところが(´・ω・`)


|

« iPodのゲーム「Lost」をクリアしたので感想など | トップページ | 結婚式で流したいBGM »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/15364568

この記事へのトラックバック一覧です: Parallels Desktop 3.0にアップデートしてみた:

« iPodのゲーム「Lost」をクリアしたので感想など | トップページ | 結婚式で流したいBGM »