« Reason 4.0のβテスト | トップページ | コード名を入れるだけで演奏してくれる「ChordStudio」 »

2007.07.28

多分失敗しないDAWの選び方

基本的な知識があって、メーカーサイトなどで商品のスペックは把握出来る人向けです。例えば別のソフトに乗り換えたり、今使っているツールに追加して購入したい、というような。

デモ版を試すのが一番いいのですが、デモ版が用意されていいない場合、

1. 大型書店へ出かけます。
2. コンピューターのコーナーでDTMの棚を探します。
3. お目当てのソフトウェアの教則本を探します。
4. 全体をザッと立ち読み。更に自分が特に使うと思われる機能の項目に、よく目を通す。

以上、なんてことはない方法でした。

もし近くに大きい書店がないとか、参考になるような書籍が置いてない場合は、アマゾンなどで手配して購入しちゃってもいいかも(ケースバイケースだけど)。数冊購入したとして、そのうちの一冊は、かなりの確率で「持っていてもいい本」あるいは「持っていたい本」になる可能性があるわけだし。8万円以上出してソフトを購入してから「自分には向いてなかった」と後悔するよりはマシじゃないでしょうか。

メーカーが出展するイベントや店頭で行われる特別セミナーだと、スタッフに質問したり実際に操作したりする時間が限られるし(他のお客さんもいるので)、ただ説明をきいているだけだと、細かい部分の操作感や、メインではない、「売り」ではない機能についての(逆に言うとほとんどのツールについている機能だったりするわけですが)使い勝手など、わからない事が結構多いんですよね。

そんなわけで、自分の知りたいところの具体的な操作方法を、即教えてくれる教則本は、いい判断材料になります。迷った時には是非、本屋さんに迷惑にならない程度にどうぞ。

#私は本屋巡回(と少々の展示会説明)を参考にして、Logic、Cubase、DPの中からDPを最終的にチョイスしました。っていってもVisionからの乗り換えなので、操作感が近いものを選んだら自然とDPになりそうだけど ;-)


|

« Reason 4.0のβテスト | トップページ | コード名を入れるだけで演奏してくれる「ChordStudio」 »

DTM/DAW 」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/15840088

この記事へのトラックバック一覧です: 多分失敗しないDAWの選び方:

« Reason 4.0のβテスト | トップページ | コード名を入れるだけで演奏してくれる「ChordStudio」 »