« iPod touch新モデル登場と新MacBook Proの噂 | トップページ | OS 8.6 on SheepShaverで撃沈 »

2008.02.15

Old Macに入れたいサウンドツール

久々に旧Mac板を眺めていたらちょっと気になるスレッド発見。

古MacでDTM (旧・mac@2ch掲示板)

古いMacでDTMをやっている人って、Macを買い替える金銭的余裕がないというよりは、ソフトのアップグレードをすると使い勝手が変わって困るとか(ソフトの仕様的な部分でそうなったり単純にOS自体の仕様に影響されてたりで)、ハードウェアのアップグレードが必要 or OS Xに未対応で新規購入の必要があって更にお金がかかるとか、趣味でやる分にはこれで十分だとか、そんな感じの人が多いんじゃないかな、と推測。

自分もMacBookを購入するまではG4でOS Xと0S 9を適宜切り替えて使ってました。意外と「OS Xではそういうツールないんだよね」というものもあったのでズルズルと…。(OS XにはなくてもWindowsならあったりする事もあるのですが。)

もうしばらく0S 9.2は使っていたいかなあ、ということで、現在入手可能な、OS 9以前で動くサウンドツールをメモ。

Vision

Vision Resources
Opcode Vision Fan Site

MIDI、オーディオトラックの使えるシーケンサー。当時はCubaseやLogicと肩を並べる存在?だったので、それなりに使えるツール。ReWire対応。Sound Manager対応。要OMS。
対応するオーディオフォーマットはAIFFのみ。オーディオファイルを解析してMIDI化するプラグインなどあります。
開発会社が倒産した後フリー化したものの公式公開は終了しており、現在インストーラ等は有志が公開しています。いつ消えてもおかしくなさそうなので、気になる人はDLしておいた方がいいかも。

MIDIGraphy

MIDIGraphy (Vector)

シンプルなMIDIシーケンサー。音源はQuickTimeとOMS経由のどちらかを選択出来ます。(という事でOS XからClassic起動してもQuickTime音源選択なら動作します。)

OMS

OMS 2.3.8 (softpedia.com)
OMS 2.3.8 (download.com)

OS 9以前のMIDI関連ツールはOMSがないと動作しないものが多いのでインストール必須。といってもいいかも。(ちなみにOS Xからのclassic起動では、OMS必須のMIDIツールは基本的に動かないと思った方がいい。)
Ver. 2.3.8 で System 7.5以上に対応だそうです。

SoundApp

SoundApp - 日本語版 -

これは本当に手軽で便利でいいツールだと思います。様々なフォーマットのサウンドファイルに対応したプレイヤー&コンバータ。プレイリストから一括コンバートが可能。

PlayerPRO

SourceForge.net: PlayerPro music editor and SoundTracker

MODトラッカーなんだけれど、捉えようによってはサンプラー+シンセ+シーケンサーともいえなくもない。やれる事がある程度制限されるし音質もイマイチだれど(確かオーディオは8bitに変換されたはず)逆にいい味が出る、と前向きに考えてもいいじゃない。シーケンスの記述はちょっと特殊な感じはあるかな?Chiptuneとか作るならこれ一つでもイケそう。普通の人にはMagical 8bit Plug 使った方がラクそうだけど。

Rebirth

The ReBirth Museum

開発終了の為フリーで公開になった、Propellerhead製のTB-303エミュレーター。
BitTorrent DLでPropellerheadのアカウント登録が必要です。
インストーラ.cdrにOMS 2.3.8とSound Manager 3.2.1同梱。

Audacity

Audacity (sourceforge.net)

波形編集ソフト。OS9で動くバージョンは1.0.0 。ダウンロードはこちらから。
OS X版とは異なり、複数トラックの編集は不可だったはず。
これより使いやすい波形編集ソフトもあるけれど、フリーウェアだとほとんど選択肢がないような…。

以下は、なくても別にいいけどあったら楽しいもの。

ixi software

OSX版のものに混じって「Picker」「Connector」などのclassicで動作するツールもあります。Donationware。
動画によるソフト紹介:http://www.youtube.com/user/ixiaudio

Soundhack

classic対応のソフトやVSTプラグインがあります。soundhackは様々なオーディオファイルの再生変換加工だけでなくsndリソースを吸い出す機能もあります。


※ちなみにPro Tools Freeは公開終了しました。

---
携帯アプリとかコンシューマゲーム、あと通信カラオケもか、このヘンのちょい特殊なプラットフォーム用のシーケンスを組む際にイベントリストをきっちり表示したいんだけど、OS X対応でキチンと表示してくれてエディットもしやすいツールってほとんどないのがなあ…。っていうかこの傾向、Windowsでもそうかな?そもそもそのヘンの作業が特殊かつ需要も微々たるものなんだろうけど。
自分はそのヘンの確認・修正はMSPを使ったりMIDIGraphyを使ったり。で、そういう用途で使いやすいツールっていうのはOSに関わらず絶滅の方向にいってるかな、という気はします。

そういえば、SheepShaver上でのOS 8.6でのOMSってどうなんだろう。emuだからやっぱり使えないのかな?後で試してみよう。

|

« iPod touch新モデル登場と新MacBook Proの噂 | トップページ | OS 8.6 on SheepShaverで撃沈 »

DTM/DAW 」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/40133884

この記事へのトラックバック一覧です: Old Macに入れたいサウンドツール:

« iPod touch新モデル登場と新MacBook Proの噂 | トップページ | OS 8.6 on SheepShaverで撃沈 »