« 日本ではiPhoneはソフトバンクから | トップページ | .Mac は MobileMe になります »

2008.06.05

走る為の音楽を考えてみる (2) プレイリスト・Mixの作成

前回の続き。
Mixの方法とそのまま使えそうな音源の紹介です。

【iTunesのプレイリストを利用する】

iTunes

iTunesでBPM管理をしておけば、スマートリスト作成→iPodへ転送、で(曲間が途切れるものの)簡単に自分用ジョギングBGMが用意出来ます。
スマートプレイにBPMの条件をいれる際、特にランニング用の速めのBPMを指定する場合は、倍の遅さのBPMも追加指定しておく方がいいかもしれません。(例えば160前後を指定するなら80前後の条件も追加。)
BPMは手動で計測するツールがフリーで色々出ていますが、そんな時間は勿体ない!という人はTangerine!やBPMerなどのBPM解析ツールを使うとラク。(全ての曲で正確に解析できるわけではないので注意。)

役に立ちそうなツール:

Tangerine!

BPM・ビートの強さを自動で解析し、BPMやトータルタイムなどの条件を入力すると勝手にプレイリストを作成・iTunesへしてくれるツール。BPMの半減・倍増が一発変換出来るチョット嬉しい機能付。
曲と曲の間を繋ぐ機能はなし。勿論音量バランスはそのままです。

BPMer

BPMを解析してくれるツール。デモ版を使ってみたのですが、BPMerを通すと日本語のID3タグが文字化けすることがあるようです。


【Mixを作成する】

AccuBeatMix, the beat match & mix plugin for iTunes

リンク先のデモ動画を見ると一発でわかりますが、iTunesでクロスフェード再生時にビートを自動的にあわせてくれる、というもの。この再生状態を一つのオーディオデータとして保存する機能はAccuBeatMixにもiTunesにもないので、iPodなどに入れて外に持ち出す為には、外部録音機器に繋いで録音するかAudio HijackWireTap Studioでデータ化する必要があります。

Ask the DJ

こちらも同様に自動でキレイに曲と曲をつないで再生してくれる音楽プレイヤー。プレイ内容をオーディオデータとして出力できます。


もうちょっと手間ひまかけてもいいかな、という人はDJ用ツールやマルチトラックのオーディオエディタなどで作成。こっちの趣味がある人にはいいけれど、そうでない人には面倒なだけかな?

参考:
troll: Audacityのある音楽生活 (1)、(2)(3)
troll: Pacemaker Editorを使ってみました
troll: Beatport Sync リリース


【そのまま使える音源】

一番簡単なのは、最初からMixされている音源を利用すること。ウォーキング/ランニング用に作られているもの以外のPodcastも利用してみます。

Nike Sport Music

iTunes Store の「Nike Sport Music」を利用。Nike+で走るために作られているMixなので使えないはずはないはず…。(購入したことがないので断言出来ず。しかしこれだけの長さに対して試聴時間が短すぎやしないか?)

Funky House London Style

BPM 130〜133くらい。Mixの長さは1時間前後。ペース速めのウォーキングに。基本的にボーカルハウス多めで、ポップス好きな人なら違和感なく聴けるかもしれません。

Hitsuzen Radio | mevio

BPM 138〜145くらい。Mixの長さは1時間前後。かなり早歩き気味のテンポです。J-Popを使ったトランス・ダンスミュージック系のMixという、ちょっと珍しい内容。avex系とPerfume多用(笑)。

Podcast.Techno.FM

BPM 120〜140?Mixの長さは、Special Guest DJsは30分から1時間くらい、Podcast Showcaseは約2時間。ウォーキング向け。テクノといってもかなり幅広いスタイルを網羅していて、回によってかなりBPMが違うので注意。

MN2S

BPM 90〜160?Mixの長さは1時間前後。ハウス中心でほとんどのMixのBPMは130前後。ウォーキング向き。Mix中のテンポがかなり変化するものもありますが、内容が結構いいものが多くておすすめ。

Drum&BassArena / Podcast

BPM 170〜180。40分〜1時間程。ランニング向けです。もう少し遅めのジョギング用音楽を探すなら、ジャズ寄りのドラムンベースをあたるといいかも。

fitMusic.com

様々なワークアウト用の音楽があります。ほとんどのMixが一定テンポではなくそれぞれのワークアウトにあわせたテンポ構成になっています。ランニング用はこのヘン


【いっそゼロから作ってしまう】

GarageBandのような簡単操作のツールと素材さえあれば、出来はともかく、作れなくはない…。
あえて無味乾燥なものを求めるなら、適当なドラムループ素材にナレーション(「何分経過しました」とか)をかぶせるのもアリかもしれないです。


|

« 日本ではiPhoneはソフトバンクから | トップページ | .Mac は MobileMe になります »

スポーツ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/41436237

この記事へのトラックバック一覧です: 走る為の音楽を考えてみる (2) プレイリスト・Mixの作成:

« 日本ではiPhoneはソフトバンクから | トップページ | .Mac は MobileMe になります »