« 結局クリーンインストール、移行アシスタントはナシよ | トップページ | 次期米大統領は初の… »

2008.11.09

新しいMacへの引き継ぎ作業・サウンドツール関連

前エントリに引き続いて、移行アシスタントなしでの移行作業について。サウンドツール類で移行・再インストール作業でスムーズにいかなかったもののメモです。公開しても需要なさげなんたけど、折角メモっておいたので…。

AudioFinder

マシンを入れ替えると Authorization Code が自動的に書きかわるシステムなので、以前にシェアウェア登録して発行して貰ったコードは受け付けなくなるので注意。
このソフトでは一度の支払いで複数マシンへのオーソライズを許可しているので、新しいマシンで発行されたコードをメールで送れば新しいRequest Codeを発行してくれる。ただし、再発行リクエスト時に最初に支払った時に登録したものと同じメールアドレスで送ること。
(同一マシンでの再インストールの場合はコードの変更はありません。)

Waves  Plugins

パッケージ購入しても付属ディスクのインストーラのバージョンが古くてあわない事があり(というか多分ほとんどの場合がそうだと思われる)、Wavesのサイトにログインしてインストーラをダウンロードする必要がある。結構サイズが大きいので、必要なときにDLしにいくというより、一度落としたら保管しておいたほうがいい。(と、今回つくづく感じました…。)
サイトが英語で書かれているので(iLokには日本語FAQもあるけれど、「ここをクリックして詳細情報を」と書いてあっても実際はクリックできないので詳細が読めないっていう)日本語マニュアルを見ながら作業する方がいいかも知れません。(英語云々関係なしにWavesのサイト構成がややわかりにくい気もするし。)
http://www.minet.jp/_pdf/Waves_Setup_Guide.pdf


同じVer.のプラグインを同じVer.のOSへ移行する場合は、前回と同様に同じVer.のインストーラを使い、後は以前のマシンで認証済みのiLokを接続するだけで完了。
面倒なのがブラグインのVer. を上げなくてはならない時。 例えば、OS 10.4でVer.5.x を使っていたものをOS 10.5へVer. 6にして移行する場合。iLok側の認証をまず先に更新する必要がある。で、iLokにVer.6 を認証させるとVer.5 の認証が上書きで保存されるので、一度アップグレードしたら元には戻せなくなる(つまり旧バージョンのインストールされた旧マシンにiLokを差してもプラグインが起動しなくなる)ので、作業は慎重に。

各種設定データの在処は、
Applications/Waves/
User/Home/Library/Preferences/Waves Preferences/

ちなみに上記2つのフォルダを消去することでアンインストール完了、としているようです。(参照:http://www.digidesign.co.jp/japan/docs/waves/how_to_uninstall_waves.pdf

それぞれのブラグインのパラメータセッティングのセーブデータは、
Users/Home/Library/Audio/Waves/(プラグイン名)/*.aupreset

※ただし、セーブする際に別の場所を指定している場合は指定フォルダの中にある。

プリセットメニューに挿入する形でセーブしているパラメータの保存先は、
Applications/Waves/Plug-In Settings/*.xps


Peak Pro

設定をほとんどいじらずに使っているなら、再設定自体手間もかからないし難しくないと思うので設定ファイル等の移動は特にしなくても平気。
ショートカットを登録・編集している場合は、
Users/Home/Library/Preferences/Peak x.x Shortcuts(x.xはVer.)
を保存。新しいマシンでは上位バージョンをインストールする場合でも、古いVerのショートカット設定ファイルをコピーしておくと最初の起動で以前のVer.のショートカットを引き継ぐかどうか聞いてきてくれるハズ。多分。
バリバリにショートカットを編集していて、もしもに備えるなら、移行前の環境でPeakを起動してショートカットをテキストで保存しておくと安心。


それと、Peak Proで不具合があるようなので一応メモっておきます。

[OS X 10.4.11 + Peak Pro 6.0.3]
オーディオファイルを開いて編集した後、セーブしようとすると実際は使われていないにも関わらず「他のアプリケーションで使われています」というエラーが出ることが頻繁にある。セーブ自体は可能で、リネームされて(自動的にファイル名の末尾にセーブした時間が追記される)セーブされる。

[10.5.5 + Peak Pro 5]
Peak Pro 起動中に、Finder 上で開いているウインドウ全てが最上階層へ勝手に移動してしまうことがある。

他にも表示周りでちょっとしたバグがありますが、実作業への影響が大きそうなのは上記くらいでしょうか。10.5 以前の環境で新しくPeakを購入しようという人は注意した方がいいかも知れません。
後者の現象に関しては、極々たまにOS 10.5.5 + Peak Pro 6.0.3 でも起きてます。他のツールで作業している時にはこの現象が起きないのでOS側の問題じゃなさそうな気がするんだけど…ううーん。

|

« 結局クリーンインストール、移行アシスタントはナシよ | トップページ | 次期米大統領は初の… »

DTM/DAW 」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/43058364

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいMacへの引き継ぎ作業・サウンドツール関連:

« 結局クリーンインストール、移行アシスタントはナシよ | トップページ | 次期米大統領は初の… »