« カヴァーとパロディで振り返るマイケル・ジャクソン | トップページ | KaplingとSapling »

2009.07.10

E-MUの音源をソフトウェア音源で

現在、少しずつ机周りを整理中で、「いつか使う」と思って持っていても「使っていない」ものは「要らないもの」という方向で物をあれこれ処分しています。結構思い切ってバシバシと処分していると思うんですが、どうしても手が止まってしまうモノが…それは、E-MUのProteus 2000(以下P2K)。

最近殆どソフトウェアシンセ・サンプラーで作業を完結させるというのもあるし、P2Kがくどくて使いどころが難しいというか他と馴染ませるのが難しいというのもあって、あまり使わなくなってしまいました。じゃあもっと前に処分しとけよって話なんですが、ベース専用音源として頻繁に使っていたので「それをすてるなんて、とんでもない」的な状態でズルズルと保持していました。

でも今後も多分、面倒だから出来る限りソフトで完結させようとするに決まっているわけで、そうなるとタダの置物。これは処分するしかない?そういえば、E-MUの音源はSoundFontやRefillで出てるんじゃなかった?と思って調べたら、やっぱりありました。


E-MU Proteus : Digital Sound Factory

そういえば「E-MU Mo Phatt Reason Refill」という製品は聞いたことあるな…。Proteus1,2,3やVintage Keysまであるんですね。サンプル曲を聴くとくどさは感じられないような…mp3変換してるせいというよりはRefillなりSFにする段階である程度レートダウンした結果なのかな?手軽さと馴染み易さでは使いやすいとも言えるかも。でも手弾きエレピ等はやはりハードの方が映えそうだし設定もラクそう。
#別の販売サイトではもうちょっとだけ安くなってるみたいです。

…で、ソフト音源で代替があるところまではわかったのですが、やはり決断しかねています。
新たにRefillなり購入してまでP2Kを使うのか、と言われると、だったら別のRefillが欲しいような気もするし。ってミもフタもないな。うーん、どうしよう。
とりあえず、音源をサンプリングして自前のデータでソフトサンプラーに組み込んでみようかな。サンプリング作業中に「ああ、この音いいな」なんていう発見もあるかも知れないし、それに自分の好きなように好きなレートでデータを組み上げられるし。加工前データも残しておけるので、ハードを手放す決心もつくかも知れない…。

以前にKORGの音源を手放す時、プリセットを全部サンプリングしてから手放したんだけど、これが結構面倒なんですよねえ…。まあボチボチと暇を見つつ作業を進めて行きたいと思います。

他に見つけたE-MU関連のソフト音源:

FREE Proteus VX
#残念ながらMacでは動作しません…。

|

« カヴァーとパロディで振り返るマイケル・ジャクソン | トップページ | KaplingとSapling »

DTM/DAW 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19573/45582903

この記事へのトラックバック一覧です: E-MUの音源をソフトウェア音源で:

« カヴァーとパロディで振り返るマイケル・ジャクソン | トップページ | KaplingとSapling »